【みなし残業】裁量労働制はやめるべき?メリット、デメリットを解説

会議




裁量労働制とは?

労働者が雇用者と結ぶ労働形態の一つであり、労働時間と成果・業績が必ずしも連動しない業種において適用される。

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と雇用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業側は労働時間の管理を労働者自身に任せ、企業が時間管理を行わないことが特徴。

仕事の遂行方法や勤務時間などを労働者の裁量に委ねる制度であり、能力主義・成果主義をベースにした雇用形態の一つで、生産性の向上を目的にしている。労働者と雇用者が事前に定めた協定「みなし労働時間」によって賃金が支払われるため。日本の法定労働時間である8時間を超えたとしても残業代が支払われることはない。

裁量労働制が用いられている業種として、公認会計士・弁護士・税理士、コピーライターやシステムエンジニアなど適用範囲は年々増加している。

裁量労働制のメリット

時間に縛られないで働くことが出来る

一般的な会社だと、毎朝9時出勤で18時退社が多いと思いますが、裁量労働制ならば自分の働きたい時間に働くことが可能となります。

成果さえ出せば、残りの時間をプライベートの時間にできる

一般的な会社だと、仕事が終わっても定時になるまでは会社に居続けなければなりませんが、裁量労働制ならば成果が求められるため、仕事が出来る人、効率よく終わらせられる人はチャチャっと仕事を終わらせて、自分のプライベートの時間に費やすことが出来ます。




裁量労働制のデメリット

実労働時間とみなし労働時間がかけ離れやすい

給与はみなし労働時間によって決まるため、みなし労働時間よりも多く働いたとしても、給与は変わりません。

なので会社側はこれをいいことに、いっぱい働かせて残業させようとします。もちろん残業代は出ません。

逆にみなし労働時間が「8時間」で実際に働いた時間が「6時間」でも8時間分の給与が支払われるメリットもあります。

休日出勤が多い

仕事量が多く、終わらない場合は休日も働かなければなりません。その場合の休日出勤手当てが出ない場合があります。

自己管理能力が求められる

どのペースで仕事を進めて、いつまでに終わらせるかを常に考えながら行動する能力が求められます。

まとめ

能力が高い人にとっては好都合な裁量労働制ではあるが、裁量労働制によって使用者側は不当に多い仕事量を労働者に押し付けたり、休日出勤しても手当がつかないことなどの問題が生じており、労働災害になり過労自殺まで追い込まれるケースや精神障害を患ってしまうケースも急増しています。

具体的な改善方法の一つとして、各々の業務の範囲を定めて各人が担当している仕事を終わった人から帰宅できるような仕組みを作ることが重要である。そして、早く仕事を終えた人には給料を上げたり、時間を与えるなどの優遇が必要と考える。

そうすることで、優秀な人ほど長時間残業を押し付けられることもなくなるからだ。

よく、裁量労働制とフレックスタイム制を混同する人がいますが、フレックスタイム制と裁量労働制の明確な違いは、フレックスタイム制では従業員は、自由に出退勤時間を決められますが、会社が定めたコアタイムの間はオフィスにいることが求められます。

また、フレックスタイム制では1ヶ月の規定労働時間を超えた部分は残業代が支払われます。