誘い笑いをしてしまう理由とは?シーンとすると笑っちゃう人は病気かも

誘い笑い




 

お笑い番組を見ているときに誰かの笑い声が聞こえると自分も無意識につられて笑っちゃうって経験ありませんか?

誘い笑いは主に芸能人が用いている手法であります。

なぜ誘い笑いをしてしまうのか

人は楽しい雰囲気になるとつい笑ってしまう傾向があるのです。テレビで客席からの笑い声が聞こえるときがあるかと思います。あれは、テレビ番組が笑い声の音声を用いて、視聴者を笑わせる手法でもあるのです。

それがたとえたいして面白くなくても周りが笑っていると自分もそれが面白いものだと錯覚してしまうのです。

想像してみてください、ある芸人さんがステージで漫才しているときに席で見ているのが自分1人だけで周りが空席の場面を。

おそらく、周りに観客がいて笑い声が聞こえてるときの方が自分も笑いやすくなって漫才も面白く感じると思います。

もし自分が周りの人を笑わせたいなら

楽しい話をして周りの雰囲気を明るくさせたい、笑わせたいというような場合には”ある事”を実践してください。

難しいことではありません。

それは、真顔や暗い表情で話すのではなく自分自身も少し笑いながら話すと聞いている相手も気分がノッてきて楽しい雰囲気になります。

芸人さんでも真顔気味で話す人と、自分も笑いながら誘い笑いを促すように漫才をする人がいますが、ほとんどの人は後者の方に面白さを感じるのではないでしょうか。

そして、明るく話している人には人間は好感度が上がりやすい傾向があります。もちろん状況に合わせて話し方は変えなければなりません。静粛した雰囲気なのにニコニコして話したりすると「ちょっと変人じゃないのあの人」なんて思われかねないので。




シーンとすると笑ってしまう人

逆にシーンとしている静かなとこで笑ってしまう場合は「失笑恐怖症」の疑いがあります。

笑ってはいけない場面だと分かるとかえって笑いがこみ上げてしまうというのがこの病気の特徴です。

この症状が出やすい人は、人と話すのが苦手な人、人前で話すと過度に緊張してしまう人で自分の言動・行動で相手からどう思われるのかが気になるという自意識過剰の人に現れやすい症状です。

笑ってはいけない場面でいえば、卒業式や葬儀、就職面接などが当てはまります。

緊張をするとそれを抑えようと無意識に身体が笑うという行動を起こしてしまいます。

 

失笑恐怖症を改善するには

この失恋恐怖症の人は子どもの頃からあまり人前で何かをするというタイプではなかった人が多いようです。なので、できるなら、なるべく接客の多い仕事や人と関わる機会を増やして誰とでも気軽に話せるようになるまでひたすら慣れることで改善することができます。

そういうことはできないという方は、もし笑いそうになったら”他の事に意識を移す”ということが大事になります。「帰ったら何食べようかな」「今度どこで遊ぼうかな」などまったく違う事を考えることで笑いを抑えることが出来ます。