うつ病に効くセロトニンを簡単に増やす方法

ポジティブな人




セロトニンとは

セロトニンは、主に生体リズム・神経内分泌・睡眠・体温調節などに関与する神経伝達物質です。

セロトニンは別名「幸せホルモン」と呼ばれ、セロトニンの分泌を増やすことでうつ病を緩和させたり、心をポジティブにしてくれます。

セロトニンが増えるとどうなる

覚醒状態になる

セロトニンを活性化させることで気分が良くなり、ネガティブな気分が解消されます。

睡眠中は、セロトニンの分泌が抑制されますが、外が明るくなり太陽が出始める朝になるにつれて、徐々にセロトニンが分泌されていきます。

太陽の光を浴びて、目の網膜に太陽光が入ることでセロトニン神経が刺激され、セロトニンの分泌が活性化します。

蛍光灯の光を浴びただけでは、照度が太陽よりもはるかに低いためセロトニンの分泌にはほとんど効果がないとされています。なるべく、日陰ではなく日なたを歩くことを心がけましょう。

朝起きたら、ベランダに出て太陽の光を浴びることもオススメします。

 

精神がリラックス

脳内のセロトニン神経が活性化して、セロトニンの分泌が増えると、大脳辺縁系の活動が安定して、リラックスした精神状態になります。

大脳辺縁系は、人間の脳で感情の表出、食欲、性欲、睡眠欲、意欲、などの本能、喜怒哀楽、情緒、神秘的な感覚、睡眠や夢などをつかさどっており、そして記憶や自律神経活動に関与しています。

メンタル面には、神経伝達物質がかなり影響することがわかってきました。その1つである、セロトニンは人間の気分を大きく左右させることで有名です。

セロトニンを活性化させて機能を高めることが、ストレスに負けないメンタリティの強化につながります。




セロトニンが不足するとどうなる

ストレスを感じやすくなる

セロトニンの分泌量が減ると不安や憂鬱な気分になってきます。

セロトニンが一番分泌されやすいのが10歳代と言われ、ピークを過ぎると年齢とともに少しずつ減少して、機能も低下していきます。

なので、ストレスの影響も受けやすくなってきます。

みなさんが大人だったら、子どもの時と比べてストレスに過敏になっていませんか?私は些細なことでもストレスを感じてしまうようになりました・・・。

寝つきが悪くなる

日中に分泌されたセロトニンは、夜になると睡眠ホルモンであるメラトニンになります。

セロトニンの分泌が十分だと、その分メラトニンもスムーズに生成されて、快眠につながります。

なので太陽の光を浴びないで、何日も家で引きこもってると眠れなくなったり、起きてもスッキリしない状態に陥ります。

セロトニンを増やす食べ物

セロトニンを体内で生成する栄養素は、必須アミノ酸のトリプトファン、ビタミンB6、炭水化物の三つです。

・トリプトファンを含む食べ物

⇒牛乳、ヨーグルト、チーズ、お米、豆腐などの大豆製品、乳製品、穀類

・ビタミンB6を含む食べ物

⇒魚類、にんにく、しょうが、大豆などの豆類

・炭水化物を含む食べ物

⇒砂糖、さつまいも、お米、パンなどの穀類、いも類

まとめ

日頃の生活習慣で、気軽にセロトニンを活性化することが大切です。

セロトニンを簡単に増やせる食べ物も多いので、無理をせずに摂取できますし外で太陽の光を浴びることを意識すれば、セロトニンを活性化させるのは全然難しくないかと思います。

他にもやウォーキング、咀嚼をするときでもセロトニンは分泌されます。

セロトニンを増やして、毎日を明るく元気にストレスなく過ごしましょう!