ギネス世界記録の挑戦方法と世界のとんでもない記録

ギネス世界記録




ギネス記録って「純粋にすごい」と思うものや「これは危ないでしょ!」と思うものまで幅広くあります。よくテレビ中継などで一発勝負のギネス記録チャレンジも行われていますが、世界には一体いくつのギネス記録があるのでしょうか。

・・・調べてみると、なんと約5万種類もの記録が載っているようです。

こんなにあるなら1つぐらいは自分でも記録塗り替えられるんじゃね?とも思ってしまいました笑

 

ギネス記録に挑戦する場合の流れ

挑戦する気ないって方は読み飛ばしてもらってかまいません。

1.まず会員登録をします。

すると、このような画面が表示されるので届いたメールを確認します。

ギネス登録

メールをクリックしてアカウントを有効にするとギネス検索の画面にいきます。

ギネス記録検索

2.記録データベースにアクセスして挑戦したいタイトルを選びます。

英語入力しかできないため、ためしに「cat」と入れて検索してみます。

ギネス記録一覧

そうすると一番上の「Longest jump by a cat」が猫のジャンプの最長という意味でどれだけ高く飛ばせられるかの記録ですね。これは比較的有名な部類のものだと思います。黄色い【申請する】ボタンがあるタイトルについては申請ができますが、このボタンがないタイトルについては挑戦することができません。

⇒もし挑戦したい記録がなかった場合は、画面下にある「新しい記録にタイトルに挑戦」という箇所をクリックして、新しい記録のタイトルを記入して提案する形になります。

新しいギネス記録

このまま「Longest jump by a cat」の申請するボタンを押してみます。

3.申請フォームを入力する。

申請フォーム1申請フォーム2

するとこのような画面に切り替わるので必要事項を入力して右下の【続ける】ボタンを押下します。

ちなみにこのタイトル「Longest jump by a cat」の現在の記録が213.36センチメートルと表示されていますね!これを上回れそうな猫を飼ってる人は是非挑戦してみてはいかがでしょうか笑

サービスの選択

ギネス挑戦の概要や注意事項が掲載されたページに移るので無料サービスか有料サービスかを選択し次へ進むを押します。

4.ギネスに挑戦するという契約書の画面にいくので、しっかり読んで問題ない場合はそこで申請完了になります。

ギネスワールドレコーズ社は全世界でたくさんの申請を処理しているため、申請が受理されるまでは最低3ヶ月かかります。担当者が申請を正しいルールでされているかを1つ1つ確認しているので、すぐ挑戦できるわけではありません。

また、申請が拒否されることもあり、たとえば断食などは内容が敏感のため記録として認められないようです。他にもゲームの記録やまばたきの回数といった記録も認められないことになっています。

ギネス記録申請の簡単な流れは以上のとおりです。




ここからは世界にあるギネス記録の中で定番のものやアッと驚くような珍しいギネス記録を紹介していきます。

定番のギネス記録

日本人世界最高齢116歳66日

ここ最近ですばらしいギネス世界記録のニュースが飛び込んでまいりましたので、まずこちらを紹介させていただきます。

在命中の世界最高齢として2019年3月9日に福岡市にお住まいの「田中力子」さんが116歳66日という記録でギネス記録に認定されました。

認定された直後は、目に涙を浮かべ「ありがとうございます」とおっしゃっていました。

田中さんは今でも元気で、老人ホームでは算数や書道などに熱心に取り組み穏やかに暮らしているそうです。

最も長い脚を持つ女性「The longest legs(Female)」

ロシア人のエカテリーナ レシナさんが132cmの脚の長さでギネス世界記録に認定されています。


ロシアの人は長身のイメージはありますが、予想の遥か上を行く長さですね。

最高の高さからクリケットボールを掴む「Highest catch of a cricket balL」

オーストラリアの女性が82.5mの高さから見事にキャッチしました。


風の抵抗もある中、落下地点に入るのは相当困難だったはず。

世界で一番長い猫(The Longest Cat in the World)

120cmの猫がギネス世界記録に認定されました。





長い間成長し続けた猫のようです。大きくなるのは食べる量で調節できそうですが長いとなると猫の体質の問題ですね。

世界で最大の足(Largest feet in the world)

ベネズエラ人の男性で足の大きさが40.57cmでギネス世界記録に認定されました。


靴は特注じゃないともちろんありませんね笑

最も口を大きく開ける(Largest mouth gape)

ドイツ人の男性が口を大きく開いたときの長さが8.8cmでギネス世界記録に認定されました。


大きいハンバーガーをかぶりつけるのは羨ましいですね。私がやったらアゴ外れてしまう。

 

1分間系のギネス世界記録

1分間で最も指をスナップ(パチッと鳴らす)させた最多回数「Most finger snap in one minute」

ドイツの少年が合計1分間で334回のスナップを成功させました。

顔が段々しんどそうになってますが歯を食いしばりながら頑張る姿につい応援したくなりますね。

1分間で交互に片手で手を叩く最高回数(Most alternate one-handed claps in one minute)

オランダの男性が1分間に615回の記録を成し遂げました。


上の記録と似てますが、こちらもスピード感がすさまじいですね。

1分間頭を上下に振ってスイカを割る(Watermelon Headbanger)

1分間で50個中43個のスイカを粉砕させたギネス記録に認定されたドイツ人の男性。





見てるだけで鳥肌が立ちますね。頭が頑丈じゃない人には無理そうです・・・。

1分間で足裏でボールに触った最多回数Most touches of a football with the soles in one minute (female)

この挑戦はアメリカ人の女性が1分間に200回ボールに触り、ギネス世界記録に認定されました。


この挑戦は日本のテレビでも昔誰かやっていたような記憶がありますね。集中力や足腰、腹筋などがないとバランスが崩れてしまいそうなのでリフティングよりも断然難しいでしょう。

1分間親指だけで腕立て伏せをした最多回数(Most thumb push ups in one minute)

パキスタン人の男性が1分間に33回の腕立て伏せをし、ギネス世界記録に認定されました。


指3本で腕立て伏せをするならわかりますが、1本て(笑)回数はともかく1本だけで腕立てができる人がいるってことにまず驚きました。

 

日本人が達成したギネス世界記録

24時間で最も縄を飛び続けた回数(Most skips over a rope in 24 hours)

生山ヒジキさんという方が達成した記録で24時間で151409回というとんでもない記録でギネス世界記録に認定されました。


彼は6時間、12時間と縄跳びを飛び続ける訓練を積んで万全の状態でギネス世界記録に挑戦しました。

1分間にお箸でマシュマロをキャッチした数(Most marshmallows caught with chopsticks in one minute)

この記録は日本人が挑戦し、1分間で43個のマシュマロキャッチを成功させギネス世界記録に認定されました。


投げる人と掴む人の連携が最大のポイントですが、うまく息が合っているように見えますね。
でも、これなら練習すれば超えられそうな気がしますね。

片手でハンドスピナーを回し続ける最長時間(Longest duration spinning a fidget spinner on one hand)

ミネベアミツミ株式会社が製作したハンドスピナーが24分46.34秒の記録でギネス世界記録に認定されました。


ハンドスピナーは日本でも流行りましたね。市販で売ってるハンドスピナーじゃせいぜい数分で回転が止まってしまうので、どうしたら摩擦抵抗が少ないハンドスピナーを製作できるのか気になりますが、24分も回り続けるとは驚いた。

人間を最速でラップで巻く時間(Fastest time to wrap a person in cling film)

youtuberのデカキンさんという方が挑戦した記録は人間をラップで巻くというもので、隙間ができないように2分以内で頭以外を巻き付けるというものです。

なんとか1分59秒71というギリギリの時間で見事ギネス世界記録に認定されました。

デカキンさん曰く、この記録はだれにも破られずにずっと記録保持者でいたいとのことです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。世界には数え切れない種類のギネス世界記録がありますが、自分の特技で世界記録いけるかも?と思ったら是非挑戦してみてください。